Home » 適性のあるプログラマを一般企業が選ぶ手段

適性のあるプログラマを一般企業が選ぶ手段

ビジネスやマーケティングのトレンドとして、ITを活用する傾向が強まってきています。Webやアプリを活用した宣伝や広告、会員獲得などを通して売上げを伸ばすための戦略を立てることが一般化してきており、その開発を担うことができる人材がどんな企業においても必要となる傾向が生まれてきました。
そのため、それを担うことができるプログラマの募集を行うことが増えてきています。

しかし、新たにITを駆使してビジネス展開を行うという道を選ぶ場合には、もともとIT系の専門家が社内に少ないことが多く、採用する人材を選定する上では不利な状況があります。
応募してきた人材が、本当に適材であるかどうかを判断できるような専門知識や経験を持った人材に欠いているためです。

こういった状況から、ビジネスマッチングのサービスを提供する企業が生まれてきています。企業として必要としている技術者に合わせて、その役割を担うのに適した技術や経験を持っている技術者を紹介するサービスです。
これを活用することで、自社のニーズに合ったプログラマを選んでもらうことが可能であり、人選の失敗というリスクを低減して募集を行うことができるのです。一般には、その雇用契約を行う際の年収額に応じた手数料を支払うことが必要になるものの、紹介を受けて面接を実施するまでは費用がかかりません。そのため、技術者としての適性だけでなく、人間として自社に合うかも吟味できる有用なシステムだといえます。

2015年2月27日hirai No Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です