Home » プログラマの実務経験を同人サークルで積む

プログラマの実務経験を同人サークルで積む

プログラマとして即戦力となる人材になるためには実務経験を持つことが必要です。独学でプログラミングを学び、転職によって業界への参入を考えている場合にはしばしば客観的に利用できる実務経験を作ることに難儀します。未経験者でも採用してくれる可能性が高い派遣やアルバイトの仕事を通して経験を積まざるを得ないこともあるでしょう。

しかし、もし求人広告を見た際に実務経験が募集要件となっていないのであれば、自分が実務に携われるという自信をつけるだけでも実務経験は十分なものになるという視点も大切になります。

そういった際に自分1人でソフトウェア等を開発して経験を積むというのも1つの方法です。しかし、より実用的な経験を積むためには周囲からの刺激を請けることも大切です。そういった観点から、同人ソフト等の開発スタッフ募集に応募してみるのも良い方法です。

その同人サークルなどの様子によっては経験者のみを欲している場合もありますが、しばしば未経験者を育ててくれる場合もあります。そういった環境を利用して実際に開発に携わることにより、教育と刺激を受けながら本格的な実務経験を積むことができるのです。こういった団体でを利用することは、プログラマとしてのスキルを身につけるためのモチベーションを維持するのにも効果的です。1人では研鑽を積むのが難しくても、自分の役割を果たさなければならないプレッシャーで仕事に集中することができるからです。

2015年3月21日hirai No Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です